ミセス美オーラ 求人 > コラム > メンズエステで働く際の服装は?施術着の例や面接時の服装も!

メンズエステで働く際の服装は?施術着の例や面接時の服装も!

メンズエステ店のセラピストになりたい女性の中には「面接の服装はどのようなものを着たらよいか」「勤務時の服装は用意があるのか、どのようなスタイルなのか」といったように服装に関する疑問を抱く人もいるでしょう。他にも、露出度の高い衣装や過激な衣装に抵抗がある方であれば、メンズエステで働く前に勤務時の服装はチェックしておきたいでしょう。

そこで今回は、メンズエステで働く際の服装や、メンズエステの面接に行く際の服装のポイントについて紹介します。これからメンズエステで働きたい女性は、ぜひ参考にしてください。

 

1.メンズエステで働く際の服装は?

メンズエステには、指定の制服が用意されているお店と、自前の私服で働くお店があります。お店によっては、服装のコンセプトやカラーが設けられているケースも少なくありません。

また、お客さんに喜んでもらうためにも、基本的にはどのお店も清潔で動きやすく、ボディーラインが分かるセクシーな服装で働くパターンが多い傾向です。胸元や太ももの露出がある服装で働くお店もあるので、気になる方は求人情報を見る際に服装のデザインやコンセプトをチェックするようにしましょう。

以下では、出勤時に着用する服装の例や、衣装チェンジの概要について説明します。

 

1-1.施術中の服装の例

メンズエステの勤務中の服装はお店により異なりますが、代表的な服装はいくつかあります。メンズエステでよく採用されている服装と、その服装のメリットや特徴を説明しますので、メンズエステで働くときの服装の参考にしてみてください。

メンズエステ勤務中の服装例
  • ノースリーブニット+タイトスカート
    上半身の身体のラインがしっかり分かる服装です。ノースリーブニットと女性らしいタイトスカートを組み合わせた服装は、メンズエステで多く採用されています。ノースリーブニットは女性らしさが強調されるだけではなく、肩が華奢に見える効果もあります。タイトスカートの長さはお店によって異なりますが、太ももの露出を抑えられるものも珍しくありません。
  • Vネックシャツ+ホットパンツ
    男性の「女性の肌が見たい」という願望と、女性の「下着を見られたくない」という要望を同時に叶えられるホットパンツは、メンズエステで多く見られる服装の1つです。マッサージ中に動きやすい服装ですが、太ももの露出が高く、肌を見せたくない女性にはあまり好まれません。
  • シャツ+タイトスカート
    シャツとタイトスカートを組み合わせるOLのような服装は、動きづらい場合があるものの露出を抑えて施術ができます。シャツは、小さめなサイズを着用して体のラインを強調するものや、オーバーサイズを着用して彼シャツ感を出しながら体のラインを隠せるものなどがあります。
  • ワンピース
    身体のラインを強調させるタイトなワンピースやミニ丈のワンピースも王道な服装です。袖の長さや襟のタイプはお店によって異なりますが、露出度が低い服装を採用しているケースも珍しくありません。
  • パレオ
    巻きスカートのパレオは、リゾートや南国の雰囲気を演出しているメンズエステに多い服装です。ミニスカートだけではなく、ひざ下まで長さがあり露出を防止できるタイプのものもあります。
  • コスプレ衣装
    コスプレ衣装で施術を行うメンズエステは、さまざまなコスプレ衣装を用意しているお店と、1つのコスプレ衣装だけに絞っているお店の2つに分かれます。セーラー服やメイド服を着てお仕事ができるので、かわいい衣装で働きたいと考えている女性におすすめです。
  • 部屋着
    「恋人にマッサージをしてもらう」というイメージができる部屋着、パジャマ系は、タイトな衣装や締め付けの多い衣装が苦手な女性にも人気です。くつろぎながら施術ができるものの、胸元が見えてしまうケースも多いので注意しましょう。

 

1-2.衣装チェンジがあるお店も

メンズエステには、オプションや基本サービスとして衣装チェンジがあるお店があります。衣装チェンジとは、施術の途中でほかの衣装に着替えることを言います。衣装チェンジで着用する服装は、ベビードールや水着などの露出度の高いものや、施術中に動きやすいものが一般的です。

衣装チェンジを行うタイミングはお店によって異なりますが、基本的には下記のタイミングで着替えを行います。

衣装チェンジを行うタイミングの例
  • お客さんと会う前
  • お客さんがシャワーを浴びているとき
  • 施術中にお客さんがうつ伏せになっているとき

 

2.健全なメンズエステでは脱ぐ必要がない!

風俗店では、女性が服を脱いでサービスを行います。しかし、メンズエステでは、女性が衣装を脱ぐことはありません。お客さんに裸を見られることに抵抗感がある女性も、脱衣がないメンズエステでは安心して働けます。

さらに、メンズエステでは性的なサービスや、お客さんからのお触りも禁止されています。お客さんは利用前に「風俗サービスは禁止」「紙パンツの着用必須」などの内容が記載された契約書にサインを行います。そのため、衣装自体はセクシーでも風俗のようなサービスを提供することはありません。安心して働くためにも、お店の契約内容や注意事項は事前に確認しておきましょう。

風俗で勤務することに抵抗を覚える女性でも、風俗ではないメンズエステは働きやすいナイトワークです。

 

3.メンズエステの面接に行くときの服装のポイント

メンズエステで働く際の服装だけではなく、面接を実際に受ける際の服装に悩む女性も珍しくありません。採用されやすくなるための服装のポイントを知り、面接官によい第一印象を与えましょう。

以下では、メンズエステの面接に行く際の服装について解説します。

 

3-1.体のラインが分かりやすい服を選ぶ

体のラインにフィットした服装を着用すると女性らしさを強調でき、面接官が女性の勤務時の姿を連想しやすくなるというメリットがあります。胸のふくらみやウエスト、脚の形が分かるような服装を着用して、施術時のイメージがしてもらいやすい状態で面接に挑みましょう。体のラインにフィットした私服の例は下記の通りです。

面接に行くときにおすすめの服装例
  • リブニット
  • タンクトップ
  • スキニー
  • ショートパンツ
  • ミニスカート
  • マーメイドワンピース

下記のように体のラインが強調されない服装はよくあるメンズエステの服装とは少しかけ離れており、女性としての魅力も伝えにくいため、避けたほうが無難です。

面接に行くときに避けたい服装の例
  • Tシャツ
  • ワイドパンツ
  • ガウチョパンツ

体にフィットする服装を持っていない場合は、ベルトを付けたり、トップスをボトムスにインしたりすると体のラインを強調できます。

 

3-2.清潔感を心がける

しわしわの服や汚れている服を着た人を、採用したいという人は少ないでしょう。どのような面接時でも、清潔感は大切です。面接官に好印象を持ってもらえるよう、清潔感のある服装で面接に行きましょう。服装の例は、下記の通りです。

清潔感を感じやすい服装の例
  • シャツ+スカート
  • ニット+スキニー
  • 落ち着きのあるワンピース
  • 白いシャツやブラウス+スカート

下記のような服装は清潔感を感じられず、良い印象を持たれづらいため避けることが無難です。

清潔感を感じにくい服装の例
  • 派手な色や柄の服装
  • ジャージやTシャツ+ジーンズなどのカジュアルすぎる服装
  • 糸のほつれや汚れがある衣服

 

3-3.お店のサイトや在籍女性のファッションを参考にする

お店のサイトに掲載されている在籍セラピストのプロフィール写真や、写メ日記で着用している私服を参考にすると、お店のコンセプトやカラーに合わせた服装を選べます。「清楚なお嬢様」のような服装が好まれるパターンが一般的ですが、ギャル系のお店では、ある程度派手な服装が好まれます。服装のコンセプトやカラーをしっかりチェックして、自分のカラーに合うお店選びを行いましょう。

面接時の服装についてどうしても迷ってしまう場合は、お店側に問い合わせてストレートに尋ねることもおすすめです。面接に受かりやすい服装をアドバイスしてくれる場合もあり、服装に関する不安を感じることなく面接に行けるでしょう。

 

まとめ

メンズエステは、胸元や太ももの露出がある格好で働くお店もありますが、露出度の低い服装を取り入れているお店もあります。服装のセクシーさにかかわらず脱衣や性サービスは禁止されているため、安全かつ稼ぎやすいのがメンズエステの特徴です。面接に行く際は体のラインが強調される服や清潔感がある服を選ぶと、面接官に好印象を与えられるでしょう。

メンズエステ業界で安心して働きたいと考えている女の子は「ミセス美オーラ」の利用をご検討ください。ミセス美オーラでは制服を無料で貸し出しているので、勤務時の服装に悩むことなく働けます。

次の記事へ